メイドオンマウイ元気のスパイス

元気のスパイスを、ハワイマウイ島からお届けします。 アロハエッセンスとマウイの風を感じてもらえるとうれしいです。

フラ

Sweet moment, Sweet Plumeria - プルメリアの旅

マウイ島ワイルクの介護センターでフラを2曲おどりました。
娘ではなく、私(本人)が!です。
ちょうどフラを習い始めて1年、初めての人前でのパフォーマンスにかなりのプレッシャーとビビり!がはいってましたが、、、、やってしまえばカラオケ初体験の時と一緒で、もっと踊らせて。。。みたいな!?

フラのパフォーマンスは踊るだけではなくその他準備もおおごとです。(娘のフラの裏方は足掛け8年さんざんやってるので知ってはいたけれど。 ブログアーカイブhttp://mauiwind.livedoor.biz/archives/1520008.html )
パフォーマンス前日夕方にプルメリアの木を探してその花を拾いに行き、そして翌朝も追加でまたフレッシュな花を拾いに行き、90個もの花を糸でつなげて腰までの長〜いレイ(首からかける花輪)をつくり、1年に1回位しか着ないハワイアンサンドレスを着て、1年に2回位しかしないお化粧をして、1時間半前にみんなで集まって練習をしてから、介護センターへ移動。 その日は朝からこのパフォーマンスのことで頭がいっぱいで、仕事道具の携帯電話も思いっきり家に忘れて(ワーカホリック=仕事中毒の私は、携帯を忘れるなどという失態は普通ありえない。結果何もなかったからよかったものの。。。)とびだしていきました。 

 
子供たちにはいつもあれこれと言ってプレッシャーかけるくせに、いざ自分がやるとなると頭の中は緊張とダンスの復習と笑顔を忘れるなとかやるべきことリストでパンパンです。
子育てを初めて以来こんな自分のことだけで頭がいっぱいになったことなんてなく、長い間忘れていた緊張感でした。

 
フラはたぶん10年以上やりたいと思っていましたが、子供をかかえる働くママは自分の習い事する余裕はどこにもありませんでした。
またこちらでは子供の頃からフラをやっている人が多く、大人のまったく初めての初心者クラスというのもなかなか見つけられなかったというのもあります。

 
1年前の初めてのクラスの時に、クム(フラの先生)が目の前でほんの10秒位踊ってお手本を見せてくれた時は、頭を殴られたような衝撃で息がとまりそうになりました。
それまで普通に話をしていたクムがワンフレーズだけ振りをしたその一瞬の間、ものすごいオーラというか、何か目に見えないすごいものがあふれでてきていたからです。
クムの顔だけではなく身体全体のすみずみまでがうれしくて喜んで笑っていて、ものすごく暖かい温度が空気を伝わってきたようでした。

 
このようなわけで念願かなって始めたフラでしたが、、、でしたが、しかし、、、思うように上手く踊れない、踊りながら笑顔をつくることができない、100回練習してもすぐまた忘れる(記憶喪失気味)などなど、だんだんと困難と悩みのほうが多くなっていきました。。。
エアロビクスをしているときはヒップホップやラテン音楽のリズムにのってうれし楽しくて元気印100%の笑顔になれるのに、ウインドサーフィンで海にでてるときはうれしくて快感で海上でひとりで笑っているのに、どうして笑顔で踊らなければいけないフラで笑うことができないのか?
自然に笑えないということは楽しくないから? これはもしかしてストレスになっているのか?  現役ママにとってはフラに行く時間をつくる為の努力が存在することも手伝い、気持ちはとりあえず今は辞めようかというところまで真剣にきていました。

 
そんなときに、「今度、介護施設へ踊りに行く事になりました」という話を聞いたときには、こんなに迷い子のようになって笑って踊ることもできないのに、人前で踊るなんて無理無理! もうこれは絶対に「辞め」るしかない!!!とほぼ決意。
しかしながら、同じクラスの仲間のリーダーの人が「踊りたくて踊りたくてしょうがない I can't wait dancing.」っていつもよく言っていることが頭から離れず、どうして私は踊りたくて踊りたくてしょうがないって思えないのかなっとずっと考えてたら、それは遠く長い道のりでまだ私は最初の10歩位しか歩いていないからかなと思い始めました。

 
フラは Physical(身体的)、Emotional(感情的)、Spiritual(精神的)な体験であると先生は言います。
ハワイアンは、「人間と自然と神様との調和」を重要視しています。 この調和がくずれると、人間は病気になるそうです。
神様のことは深くは私にはわかりませんが、少なくとも今までマウイで生活してきて「マウイの自然」には何度も何度も救われたものだなあと思いました。
海にはいれば、風にあたれば、波を感じれば、気持ちいい。。。。
緑の谷を超えると目の前にウワーっと広がるノースショアの海
海辺で感じる潮の匂いにどこかから香ってくる花の匂い
どこに居てもいつもそこに悠々とかまえているハレアカラ
濃い緑が霧のベールに包まれたイアオ渓谷の山々
ブルースカイを背景色にくっきりと深い緑の山肌を浮かび上がらせている西マウイの山々
どうしてそんなに強いピンクオレンジ色なの?と問いただしたくなるような夕日
夜の心地よく少し冷たい澄んだ空気と宝石箱をひっくり返したような満天の星空

ライフは良い日悪い日関わらず、昨日今日明日と時をきざんでいくけれど、マウイの美しい自然はいつもそこに居てくれて、元気をくれる、笑顔をくれる、希望をくれる(まっ、明日はどうにかなるサ的な、スローなハワイ風楽天的希望)。
こういういつも変わらず傍にいてくれる友達(自然)たちに「見て!見て!」っていう気持ちで踊ればいいのかなあ。。。

 

 
パフォーマンスの直前に全員で輪になって手をつなぎ、お祈りをしました。
「今日、私たちがここでフラを踊らせていただけることに感謝します。」
緊張していたこともあり、集中する為に、つないだ両方の手を一瞬ぎゅっと握ったら、両方から同時に握り返してきました。
一緒に踊った人との連帯感を感じ、踊りを見てくれた人との連帯感を感じ、よかったなっと思えました。 
それだけで踊る理由は十分、幸せも十分とも思えました。
練習のときにはなかなか笑う事のできなかった顔も、一緒に時間を過ごしてくれる人の前では笑うことができました。
"見てくれてありがとう。Thank you for watching us."と別れ際に数人そこに居たおばあちゃんたちにあいさつをして手をだしたら、
うれしそうに握り返してくれました。
人の手っていうのはあたたかくエネルギーにあふれているんだな〜。

 
たったの2曲踊っただけなのに、練習の時と同じように、お尻の筋肉に足腰身体中どっと疲れ果てました。
これはまた不得意なことやってるから身体中緊張していて疲れるんだと思い、夕方ジョギングしたらリラックスして、いつもの私に戻りました。 
私は昔から根っから体育会系なのです。 フラは文科系活動であり、私が今までやってきたことや好きだったこととはまったく別の世界、だからサッカー部の男の子が茶道部にはいっちゃったみたいな感じ?の迷い子状態ヒヨっこ状態。
 
でももうちょっとだけこの旅を続けて見ようかな、流されてみようかなあ。。。。 
どうするか迷ったときは深く考えずゆらゆらと流されることにしています。 人生に無駄なことなどひとつもないし、意味があって今ここにいるのかもしれないし(意味はないかもしれないし)ね。
次にどこへ行くか何に遭遇するかわからないところが旅の楽しいところだから。
 
 

plumeria
季節の変わり目の雨の中ビーサン泥まみれになりながら拾ったプルメリアの花、これぜ〜んぶ生花です。 しかもこんなにたくさん!




 plumeriamat
(今回はこのプルメリア達90個ほども使って腿まで届きそうなほどの長〜いフラワーレイをつくりました)




whitecap 
秋のマウイ、ノースショアはホキーパ
ホワイトキャップ(白波)がたくさん、
風も波も。。。笑顔


 

Maui's own Hula Girl - マウイ育ちのフラガール

「おとといまでに私が送った1万通のe-mailに加えて、これが1万1通目のe-mailです。 昨晩のコンサートは最高でした。ベストを尽くし心をこめて踊った子供たちを誇りに思います。 そして、直前まで大忙しのコンサート準備に最後まで辛抱強くサポートしてくれた家族の皆さんに感謝します。ありがとう。 (フラハラウのコーディネーターより)」

無事にコンサートが大成功で終わりました。

娘のレイがフラを習っている先生とそのフラダンサーのコンサートです。

クムフラ(フラの先生。クムKumu=ハワイ語で先生という意味)は、フラの先生であると同時に偉大なるハワイアンミュージシャンでもあります。

フラハラウ(Hula Halau = フラを習うグループ)に所属していると、マウイ島内のショッピングセンターや観光客の方々が宿泊されるリゾートホテルやコミュニティイベントなどでパフォーマンスをすることは日常茶飯事ですが、2年に1回行うこのコンサートは、コンサートホールにお客さんがチケットを買って観に来ていただくマジなコンサートなので、気合いの入り方も当然違います。

コンサートの約3ヶ月前より、全員の気持ちをリハーサルモードにする為に、毎回の練習には髪をコンサートの時と同じように頭の上でポニーテールに結んでおだんごをつくりアップにしスプレーやジェルで固めた状態で参加することが義務となりました。 私は慣れない手つきで娘のものすごい量の髪の束と毎回20分の格闘です。娘には悪いけど、実は今までの過去のパフォーマンスやコンサートでも納得のいくヘアスタイルをつくれたことがありません。しかし、人間の慣れや練習の積み重ねとは素晴らしいもので、毎週毎週やっているうちにだんだん上手になり12分ほどで仕上げられるようになりました。 これはお母さんヘアスタイリストの練習期間だったのかもしれません。。。

 

約3時間弱のコンサートで子供たち(11歳から15歳位の年齢です)は3曲踊ります。 今回は3曲ともにマウイの歌で、ウリウリ('uli'uli:カラフルな羽がたくさんついたマラカス)、 プイリ(pu'ili:50センチ位の細い竹筒の棒)、 イプ(ipu:ひょうたんで作ったパーカッション)を使って踊るテンポの早い曲です。 イプは、ありがたいことに家の庭でごっそりと育ったひょうたんを寄付してくれた人がいて、子供たちが自分たちで作りました。 ひょうたんの一番上の部分を真っすぐ平行にカットし、中身をきれいにくりぬき、水できれいに中をあらって1週間ほど乾かした後、一番上のカットした部分と内側3センチ位の部分までヤスリをかけてなめらかにし、(ここからの仕上げは大人がやりました)ニスを塗って、ドリルで穴をあけて紐をとおします。 自然からの贈り物であるひょうたんはひとつひとつ大きさも形も色も違って個性的であり、まったく同じものはないのでまるで人間のようです。置いたときの傾き方や表面の模様で自分のイプがどれかすぐにわかります。

昔、娘がまだ小さかった頃、フラの先生が子供たちの為に、イプヘケ(イプヘケ=ひょうたん2つを組み合わせて作られたタイプです)を調達してきてくれました。子供たちがそれぞれ好きな形のイプヘケを選び、自分のイプヘケに名前をつけ、皆の前でそれぞれのイプヘケの自己紹介をしました。

そのときに娘のレイがつけた名前は「Crashing Waves 力強い音をたてて砕ける波」でした。

ipu (右:イプヘケ = Crashing Waves)
(左:イプ=子供たちの手作り。
今回のコンサートに使用。) 





いつものことながらコンサート直前10日前からのラストスパートは準備に追われました。

10日前には衣装の仕立て屋さんへ採寸をしに行き、8日前には夕方6時から集まり Ti Leafスカート(ティーリーフという長い葉っぱをたくさん紐で結んでスカートをつくる)を作成。
tileafTi Leafはとてもしっかりした葉っぱで生命力繁殖力が強く、ハイクやアップカントリーなどの緑の多い田舎の一軒家の庭にはよく生えています。昨年カアナパリビーチホテルでパフォーマンスをした時には、ティーリーフがジャングル状態になって山のように生えているワイルクのある人の家に全員で行き、ティーリーフを刈りにいきました。

ティーリーフスカートは、真ん中の一番太い茎(葉脈)を葉っぱから割いて取り除いてから、しっかりと1枚づつ順番に紐で縛っていき、水で濡らした大きなビーチタオルに包んでゴミ袋にいれて口を閉じ、冷蔵庫で保存、冷蔵庫の温度が冷たすぎないことだけ気をつければこれで1週間は余裕でフレッシュなまま保存できます。コンサート2日前の夜に、1週間前につくったティーリーフスカートを持って再び集まり、スカートの裾をまっすぐにカットし、葉っぱをフォークをつかって細く割く作業です。 そしてまた濡れタオルに包みゴミ袋にいれて口を閉じ、冷蔵庫へ。

(ちなみにこのティーリーフスカートがうちの冷蔵庫のスペースを使って寝ている間は、大きなジュースパックは買えず、おかずの残り物保存もできません。)

skirt

コンサートの1週間前の土曜日には朝8時から大きな体育館でリハーサル。クムほかミュージシャンたちは音合わせをしながらプログラムにあわせて順番にダンサーたちの立ち位置や登場退場のタイミングをフルミュージック、フルキャストであわせます。 いつ自分たちの出番が来るかわからないので、ひたすら待ち続け、待っている間には大人ダンサーの人や子供たちの親などから食べ物の差し入れがありと、食料持ち込み長丁場体制も万全です。

こういう時の差し入れというのはなぜかどれもこれも気がきいた美味しいもので、ホームメイドのヌードル(Chow Fun:チャウファン=ローカルの好物フードのひとつ。平べったいうどんのような麺と野菜をシンプルに塩こしょうでソテーしたものです)に、ホームメイドベーカリーから買って来たマラサダ(=ハワイ名物のドーナツです。買って来たばかりのホカホカで美味しかった。。。)に、自分でパン屋さんをやっているクレアはホームメイドのミニチョコレートマフィンを子供たちに配り、、、、クムたちミュージシャンは休憩なしのエンドレスで音合わせをしているというのに、子供ダンサーたちの待ち時間にまぎれて何もしていない私までもが、クムの素敵なハワイアン生歌を聞きながら美味しい差し入れフードを幸せにいただいていたのでした。

この日は午後3時近くにやっと子供達は終了しました。


コンサート当日だというのに、娘のレイは学校で午前中バレーボールの練習です。「今日の練習は、飛び込んでレシーブしたりとか、一生懸命ジャンプしたりとかチャレンジしなくていいからね。今日この後におよんで手首足首捻挫でもしたら、今晩踊れないからね。」要は一生懸命練習するな!と、普段言っていることとはまったく逆のつじつま合わずのことを言っている私。

午後1時からは実際の舞台でのリハーサル、その間に私はプルメリアの花で首につけるレイ (lei a'i レイアイ) 髪につけるレイ(lei po'o レイポオ)を作り、舞台リハーサルが終了したのは午後3時過ぎ。 本番前のダンサーの集合時間は午後5時です。 家に帰る時間はなくなりました。 娘のレイはコンサート会場近くの私の通うスポーツジムでシャワーを浴び、今日もマウイに吹いているトレードウインドで髪は自然乾燥、そして5時に集合して控え室でヘアスタイルを作り、私の準備に関わる役割は一応終了しました。(私はダンスしないのに、この時点でこの日やっとまともに息ができるようになりました。フーっ。。。。ダンサー娘は朝から冷静に普通に息していました。。。)



今日も吹いているマウイの風と身体を包み込んでくれる空気、肌で感じる太陽の光、広い空、植物の匂い、ハワイの花たちの色と匂い、潮風の香り、波の音、海に生きている魚や貝や海藻たち、いつもそこにあり見守ってくれているハレアカラ山、生まれ育ったハワイの土地とそれを共有する人たち。。。ここハワイに在るものすべてを長い時間をかけて肌で心で感じ、細胞の奥までその感覚すべてが記憶されている大人のフラダンサーたちは、身体の内側の奥のほうから美しさがあふれでています。 そんな内面からの美しさあふれるフラダンサーを見て、ダンスはムーブメント(身体の動き)だけではなく、その土地を愛する感情とカルチャーの表現なのだということを発見させてくれました。

コンサートは、マウイの土地と自然と人への愛情でいっぱいでした。

kani

 

 

 

 

 

 

*プロフィール*
内藤葉子 Yoko Naito
マウイ島にて現地旅行会社と
ウインドサーフショップをしています。
ぜひ遊びにきてください。


マウイドリームバケーション
のホームページ



マウイ島現在の時刻(24時間表示)
Click for Kahului, Hawaii Forecast

人気ブログランキングへ
スペシャルピック記事
友達がくれた元気が湧くエッセンス
きっと今日もまたがんばれるヨ!
NOW and TODAY:今を生きる、今日1日を生きる
最新記事
記事検索
ブログリンク集
テリーさんのページ 今日が私の一番若い日
御前崎発kugiの波風予想とゲレンデレポート
北村美佐代の心も身体もピースフル

*相互リンクしていただける方、nainai@aloha.net までどうぞメールをください。
  • ライブドアブログ