メイドオンマウイ元気のスパイス

元気のスパイスを、ハワイマウイ島からお届けします。 アロハエッセンスとマウイの風を感じてもらえるとうれしいです。

観光

Shave Ice - シェイブアイスは何味を選ぶ?(マウイローカル美味しい情報その3)

日本でも夏で暑くなると、かき氷が食べたくなると思いますが、こちらマウイでもそうです。

甘ったるく暑いと食べてるそばから溶けてどろ〜っとしたアイスクリームよりも、かき氷はいつまでも冷たく、口の中も身体の中も一瞬だけでもカキーンと冷たくなるので、暑い日は本当にリフレッシュします。

かき氷はこちらではシェイブアイスといい、ハワイでは昔ながらのローカルの味として親しまれています。

オバマ大統領がハワイ(オアフ島)へバケーションで滞在した時も、シェイブアイス屋の外のベンチで子供と一緒にシェイブアイスを食べているところが写真に撮影され、ハワイ観光局のウエブサイトにも思いっきり使われています。

野外イベントやフェスティバルなどでは、シェイブアイスはどこでもとぶように売れます。シェイブアイスはハワイローカルの味の代表選手であることは間違いありません。

ここでちょっとだけ余談ですが、ハワイローカルの味定番と言えば、

スパムむすび

プレートランチ

アヒポキ

シェイブアイス

リヒモイ

上記全て知ってるよ、食べたことあるよ大好き! という人は、かなりローカル食通度指数高いです。(とくに最後のリヒモイを知っていたら、あなたはかなりのローカル精通度。)

観光地やガイドブックのレストラン巡りだけしているとなかなかローカル実生活の食生活には出会えません。 おしゃれ度は無視して、いかに安く美味しいものを食べようかということに視点を移して探索しはじめると、観光客食生活からローカル生活者レベルの食生活へ自然となりますので、けっこうたくさん発見がありますよ。
ですから、リゾートホテルではなく、キッチン付きのコンドミニアムに滞在してスーパーマーケットへ足を運ぶような滞在型の旅行スタイルにするだけでも食の視野がだいぶ広がります。


さて、話を戻してシェイブアイスですが、
その日はやはりとても暑く、パイアのシェイブアイス屋は店内待つ人の列。 シェイブアイス機はひとつしかなく、オーダーごとに氷をガシガシするのでちょっと時間がかかりますが、やはりその待つ時間というのが、欲しいものを手にした時のありがたみをさらに増幅させるのです。

シェイブアイスには、各種違った味のカラフルなシロップをかけてもらいますが、皆が好きなよくありがちなパターンは”レインボウ”といって赤青黄色(味的には、赤=いちご、青=バニラ、黄=バナナ)の3種類をかけてもらいます。

無難路線で行きたい人は、赤=いちご をオーダーする人が多いような気がしますが、気をつけて食べないと口のまわり、唇と舌が真っ赤っかになります。 赤ならまだかわいいのですが、青=バニラは真っ青になってしまうので、彼とのバカンスということでおしゃれをして完璧にきれいなお化粧で決めてるお嬢様方は、唇が真っ青になると、パンクファッション的というよりもむしろちょっとホラー的になりまわりの人が怖がるので、気をつけて食べてくださいね。

私の息子のカイ、いつものごとく喜んでこのシェイブアイス屋へ入って行き、”いつもの味”をゲットし、お店からニコニコしてでてきました。

その味は、これぞローカルの味 ”Li Hing Mui リヒモイ”です。 色は少し茶色がかった赤で、パウダーが少しかかっています。 ほんのりと梅の匂いがして、これが好物な人にはもうとっても豪華なシェイブアイスに見えてしまいます。 いちごやバニラやバナナという単語と違って、リヒモイという単語を知っている旅行者はほとんど皆無、こういうところでニコニコしながらリヒモイをオーダーするのは間違いなくハワイ育ち。

食べたことがないからどんな味だかわからないし、だからオーダーするのもちょっと気がひけると思いますが、けっこう日本人には昔なつかしい味的で、受け入れやすいのではと思います。 ぜひ今度お試しを! でもリヒモイも、口赤くなるので気をつけて。



shaveice**************
手にもっているのはいっちばん大きいサイズ(ジャンボサイズ)、こんなに大きいサイズはひとりでは食べられないので買わないように!

Hawaii 50th Coin - ハワイ州記念コイン

”大地は正義とともに永遠に生き続ける"
UA MAU KE EA O KA 'AINA I KA PONO
(英語訳:The life of the land is perpetuated in righteousness.)

ハワイ州のデザインが施された25セント硬貨に刻まれているハワイ州のモットーです。
 

1999年よりアメリカ50州の25セント硬貨プロジェクトが始まり、ジョージワシントンが刻まれた硬貨の裏側にそれぞれの州の特徴を表現する独特のデザインが施された25セント硬貨が創られ順次流通、そして2008年11月、ついにハワイ州の硬貨ができました。

アメリカの50番目の州として最後に加入したハワイ州、この25セント硬貨プロジェクトでも50番目最後のデザイン硬貨として誕生、そして偶然なことに1959年にハワイ州となってからちょうど50周年にあたります。

2008年11月米大統領選にてハワイ出身の初めての大統領=オバマ大統領が誕生しているのもあまりにもパーフェクトな偶然です。
 

ハワイ州デザインは400通りのデザイン案の中から、5通りにしぼられ、オンラインによる一般投票後、ハワイ州知事が最終的に選んだもので、1800年代にハワイ諸島を統治したカメハメハ大王1世と7つのハワイ州の島々がほどこされています。
 

デザインのタイトルは "Hawaii, the Island State" (島々の州ハワイ)、ハワイのすべての島を表現したデザインとそのタイトル、どの島に居てもハワイ州であることを思い出し誇りに思えるような作品です。
 

ハワイ州の硬貨デザインの決定にあたり重要だったことは、ハワイ文化を表現していることと、そして何よりも一番重要であったのは、ハワイはもともとそこに生きていた原住民の時代より存続しているということを人々が思い出すことだったそうです。

ハワイ州のモットーはハワイ語で刻まれています。

UA MAU KE EA O KA 'AINA I KA PONO

(英語訳:The life of the land is perpetuated in righteousness.)

”大地は正義とともに永遠に生き続ける" 

このモットーが表現していることは、

”その土地の人々の正しい行いが、人と大地を生かし存続させる” という意味です。

神によって与えられた大地を敬愛し、人として正義を行うハワイアンの神髄を表現する美しいメッセージであり、この25セント硬貨を通して全世界のすべての人々に伝わることになります。
 

(参考資料2008/11/11付けマウイニュース:Horner explained that the motto means people doing the right thing allows the people and land to endure.  That's a beautiful message of aloha to send out to all of the people in the world.)

Hawaiian Coinこんなハワイ州の25セント硬貨、ハワイ旅行のみならずアメリカ国内旅行中に、お釣りで手にいれた硬貨をちょっと裏返して探してみてはいかがですか?

 

 

 

*プロフィール*
内藤葉子 Yoko Naito
マウイ島にて現地旅行会社と
ウインドサーフショップをしています。
ぜひ遊びにきてください。


マウイドリームバケーション
のホームページ



マウイ島現在の時刻(24時間表示)
Click for Kahului, Hawaii Forecast

人気ブログランキングへ
スペシャルピック記事
友達がくれた元気が湧くエッセンス
きっと今日もまたがんばれるヨ!
NOW and TODAY:今を生きる、今日1日を生きる
最新記事
記事検索
ブログリンク集
テリーさんのページ 今日が私の一番若い日
御前崎発kugiの波風予想とゲレンデレポート
北村美佐代の心も身体もピースフル

*相互リンクしていただける方、nainai@aloha.net までどうぞメールをください。
  • ライブドアブログ